「こいのわボランティアオンライイン意見交換会」開催しました!

日時:令和2年11月14日(土)午前の部10時~11時・午後の部13時30分~14時30分

場所:Zoom内会場

7月から「こいのわ」では,Zoomを利用してオンラインこいのわカフェを開催しています。

オンラインイベント中に参加者の皆さんを励ましたり,アドバイスをする役を担う,

こいのわボランティアさんにオンラインに慣れていただくことを目的とし,意見交換会を開催しました。

午前の部,午後の部とも6名ずつの参加です。

 

ボランティアさんが使用する端末はスマフォやパソコンなどいろいろ。

2月から約9か月ぶりにお会いする方も。

画面越しに手を振りあって(コロナ禍でなかったら,普段はハグしあう場面です),

はじめてのZoomに緊張気味の方も。

 

今日の意見交換会の目標は

◇Zoomの操作に慣れる

◇オンライン研修会のイメージをつかむ

の2点です。

 

まずは,実際にZoomでできることを,実際に操作してみました。

 

最初は,基本のミュート・ビデオについて,マイクのマークをタップ(クリック)して

マイクをオフしたり,ビデオを停止する体験です。

リアクションボタンが6種類に増えていたことも発見です。

チャット機能を使って,簡単な質問に答えたり,挙手してみたり。

 

基本操作のあとは,2グループにわかれて,自己紹介。

話したりなくて,時間切れのグループもありました。

次に,オンラインこいのわカフェのポイントについて,人数規模やイベントの流れ,

ボランティアさんの役割について確認です。

 

実際に参加されたボランティアさんの体験談もうかがいました。

ポイントは,

 

 

 

コロナ禍の中,会員の方も,ボランティアさんも安心して参加できます。

 

 

オンラインでは,同時に何人もの声を拾えないので,1人だけが話すことになります。

それだけに,ボランティアさんの温かい言葉が胸に響きます。

オンラインって?ピンとこないですよね。まずは実際に体験してみませんか。

 

その後は,これまでに体験した「こいのわカフェ」や「カップルフォロー」について,情報交換を行いました。

終了後は,「お茶会」と称して近況を伝えあったり,久しぶりの親交を温めました。

 

先日,ふと見たテレビの情報番組では,

オンラインでのコミュニケーションの取り方にコツがあるようです。PCやスマフォなどのモバイルの画面と

カメラの位置が違うため,お互いの目線があいにくい,

それによって「うなずき」と「ジェスチャー」が減ることがわかりました。

 

相手の話をちゃんと聞いて,「うなずく」ことで,会話に共感や一体感をもたらすようです。

リアルでもオンラインでも,

 

 

 

  ことが大切なのかもしれません。